頭で考えていてもダメだよね

経営

頭で考えていてもダメだよね

人は頭が良い動物です。
色々考えて知恵を出し、業務改善したり、新しい
付加価値を生み出したりします。

サラリーマンも、経営者も同じで、
ダメな人って「頭で考えすぎる」傾向があります。
どれだけ考えても、空想、妄想の域を超えないので
現実的な「結果」が見えてきません。

考えることはとても重要な作業なのですが、
考え「過ぎる」ことが問題で、答えはいつまでたっても
出ないのが現実です。

最もてっとり早いのは「動く」ってことです。
行動しないと成功か失敗かの結果が出ないということです。

派手に動くと失敗も大きくなる可能性があるので、
仮説をたてて、その仮設が正しいかをテストマーケティング
的に、少しずつ「動かす」のが良いと思います。

中小企業の経営者って、誰もブレーキを掛けれないので、
自分の発案が100%正しいと思い込み、猪突猛進して
行く人がいますが、それも危険です。
失敗する経営者はこの傾向がとても強いです。
その代わり、成功したときに成果はものすごく大きいの
ですが、ちょっとイチかバチかで経営者としては「?」
って感じがします。

あくまで、階段を1つ1つ登るように行動することが
ベターです。結果的に、最も早く目標に到達できると
確信します。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/