苦言を呈してくれる人には感謝すべし!

経営

苦言を呈してくれる人には感謝すべし!

中小企業の経営者など、社員から苦言を呈されることは
ほとんど無いと思います。

誰からも「耳の痛い話」「苦言」「注意警告」などを言って
くれる人がいない経営者は、よほど自分自身がしっかりして
いない限り、この前公私混同で失脚した元都知事のように
自分の会社を私物化したり、傲慢になったりして、
経営が上手く行かなくなります。

これは人間だから仕方がないのです。

だからこそ、苦言を呈してくれる仲間や先輩、恩師や
支援者が必要になってきます。この手の人達からの苦言は、
経営者からすると耳が痛いので、避けて通りたいところ
ですが、この声にこそ耳を傾けて、自分の身の振り方や
経営理論や経営スタイル等を変化させる「絶好の機会」に
しなければなりません。

できる経営者は人の声に「真摯に聴くこと」がデキる人です。

それがデキる人の会社は間違いなく「伸びるし」「勢い」
がつきます。

反対に出来ない会社は「裸の王様」状態でやがて衰退して
いく確率が高いと思います。

苦言を呈してくれるブレンや仲間がいる経営者は、
その人達に感謝しないといけません。

☆===========================☆

中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas

☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/