老後の心配した方が良いですよ

経営

老後の心配した方が良いですよ

今、65歳まで継続雇用制度が義務化され、
一応、65歳まではたらくことができる世の中
になりました。

しかし、現実はとても厳しいようです。
時給単価が低かったり、労働条件面でシビアだったり
それでも好き嫌いは言ってられないので、仕事に
就くしか無いという高齢者が多いのではないでしょうか?

なぜ、私が今こんなことを言うか?

国は助成金を使って70歳まで継続雇用を仕掛けています。
ということはあと10数年で70歳まで年金がもらえない
日本という国が出来上がる可能性があります。
(あくまで可能性ですが)

そのことを視野に入れて、「今」を働かなければならない
ということなんです。

準備は出来ていますか?

・貯金
・株式投資等の運用
・不動産投資等の運用

色々あると思いますが、
私が最もお勧めは、サラリーマンの方が国家資格や手に職を
付けて、「脱サラ」し、独立開業することです。早期に
人脈を構築し、年令に関係なくビジネスができる環境を
作り上げることです。

開業し、キャッシュが入る仕組みを作り上げれば、
サラリーマンの定年が70歳、75歳になっても、独立開業
なら自分で好きなだけビジネスが出来ます。
定年がないので。

まあ、一つのアイデアですが。。

60歳過ぎて、仕事無く、住宅ローンだけ残ったら、地獄
ですよね。ちょっと先をコーヒーブレイクしながらイメー
ジングしてみてください。
自分の置かれている環境が如何にぬるま湯かどうか、わかる
はずです。繰り返しますが、会社の肩書がなあくなると、
ただの「おっさん」になるのです。

組織活性化のヒントは高齢者活用にあるのですが、
これはある意味非常に難しいと私は考えます。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/