継続性と習慣化が経営上武器になる

経営

継続性と習慣化が経営上武器になる

世の中の大半の人は「継続性」がありません。
だから、継続性がある社員の集団は組織として
非常に強い組織となります。

何か企画をして事業として始めたとします。
2,3回は誰でもやります。
これは継続とは言いません。
そのうちやらなくなります。
理由を聞くと
「効果がない」「忙しい」「段取りが面倒」等々
確かに駄目な事業はさっさと撤退スべきなのですが・・

中小企業が企業経営で競合他社に勝ち抜くためには
「継続性」を進化させて「習慣化」させることに
あります。

継続性を2年、3年、5年、10年と維持する方法は
私は一つだけだと思います。

それは「毎日」続けることです。

人間はサボりグセがあるので、毎日がとても苦痛になり
毎週になります。それが慣れてくると毎週が苦痛になり
毎月になります。そして、やがてやらなくなるのです。
ほとんどの会社は都合の良い言い訳を並べてやらなく
なります。

社員以下従業員全員が、自社にとってとても大事な仕事
例えば、社員ブログをアップするとか、動画を配信するとか
自社で決めたルールを愚直に守る(掃除とか、顧客フォロー等)
を「毎日」、誰かが声掛け等を行い、励行していく努力を
すると、1年もすると、誰でも自然と継続していることに
気が付きます。

この状態が「習慣化」です。

ここまで来ると、マニュアルなど文字は不要となります。
他社に差別化するとても強い武器になるのです。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/