経営者の仕事は何か?

経営

経営者の仕事は何か?

中小企業の社長は、自分で何でも仕事をしてしまう
傾向があります。

経営者の仕事は「意思決定」です。

意思決定以外の重要な仕事もいっぱいありますが、
会社という組織でたくさん従業員がいる場合、
社長の最重要な仕事は「意思決定」なんです。

社長が会社と従業員の生活を左右する意思決定
を行うことが仕事であり、その意思決定するための
企画書等を部下につくらせることが仕事です。

最初は部下も慣れないので、ダメ出しを何度も行って
ください。それと同時に、資料の作成方法を伝授して
あげてください。そうこうしているうちに、社長が見た
だけで意思決定できる資料を作成できるようになります。

人間、何でも経験を積むことで仕事レベルが上がります。

社長が意思決定できる資料を作成できるということは、
会社のためを思って、戦略的思考になって来ている
証拠です。

それが人を育てていることになります。

経営者が何でも自分でやってしまうと、部下を育ってる
ことが出来ないということを肝に銘じて欲しいです。

どんどん権限移譲して部下に仕事を振っていきましょう!​

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/