経営の発想が湧くとき

経営

経営の発想が湧くとき

経営のヒントは意外なときに思いつくものです。
しかし、その「思いつく」は意識していないと思い
つきません。

例えば「付加価値」というキーワードを意識して頭の
中に入れておくと・・・電車を乗ったり、旅したり、テレビを
見ていると、頭では「既存事業に応用できる他業種や
他業態のビジネスモデルを模索している」のです。

私の場合、コンサル業や社労士業だとします。

その場合、コンサルがクライアントに訪問するのが
当たり前という固定概念がありますが、それを例えば
「宅配ピザ」の事業を自社に取り入れた場合に、自分の
コンサル業や社労士業がどんな風に変化するのか等を
イメージ、妄想するようになります。これがまた実に楽しい
のです。

その実現性を真剣に検討し、他社が真似出来ないモデル
に昇華させることが出来ます。

その妄想の過程で、「はっと」付加価値あるビジネススタイル
だと気づく場合が多いのです。 ​

自分の潜在意識に強くイメージ(意識)させることからスタート
です。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/