組織は「おでん」みたいなもの

経営

組織は「おでん」みたいなもの

おでんの魅力は、一つの鍋の中に、ジャガイモや
ダイコン、たまご、ハンペンなど、主役級の
個性を持った具材が並んで入っていて、どの具材も
自分の強みを発揮し、今から食しようとしている人に
訴えかけてくる訴求力ではないでしょうか?

これを中小企業経営に置き換えてみると、わかりやすい。
経営は社長1人でできればそればベスト。最も儲かる。

しかし、それができないので組織化するのであって、
組織化した企業が外部顧客から信頼を得るためには、
「おでん」 のような魅力あふれる個性を持った人材
をうまく組成しなければならないのです。
個性ある人材がいると会社は活気付き元気になります。

中小企業経営者は、好き嫌いで同じ特性の人を組成する
傾向が強いですが、それでは魅力が増すことはなく、
結局、対外的に魅力がない会社となり、信頼を得ることは
出来にくいのではないかと思う。

おでんの各具材が出す個性という特徴をうまく
コーディネートし、組織を魅力ある集団に育て上げ、
組織を活性化させ収益集団にしていくことが、
企業経営者に課された役割と言えます。

おでんのような会社の魅力は
社員の個性とそれを束ねたハーモニーなんですよね。

☆=================================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メールマガジンとして配信
中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆=================================☆

アールイープロデュース
http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/