組織が強いか、弱いか、それは経営者と従業員の信頼関係

経営

組織が強いか、弱いか、それは経営者と従業員の信頼関係

中小企業の場合、経営者の方針や考えは絶対です。
だから、その「方針や考え」を従業員に伝え、理解
させていくことこそが経営者の仕事だと思います。

強い組織って、この「経営者に理念やビジョン」を
しっかり従業員に伝えています。
苦しいときは、コミュニケーションを取り、打つ手を
従業員と一緒に考えています。調子が良いときは
ES(従業員満足度)を上げる施策・対策をどんどん
打っています。

文章に書くと、「簡単なこと」なんですが、
それが出来ない中小企業経営者がとても多いと感じます。
自分だけ贅沢や好き勝手なことを行い、従業員の待遇を
改善しないな。

そんな組織は伸びないし、やがて衰退していくことは
目に見えています。昔と違い、人の入れ替え戦がそれほど
容易ではない。人を大事にしない会社は衰退していくって
ことです。

2019-03-26

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/