管理職になったとき最初にやったこと

経営

管理職になったとき最初にやったこと

私の約30年前の話ですが・・
今でも変わらない普遍的なことだと思うので
記載します。これをきちんとやれば、あなたの
組織は必ず活性化することでしょう!

要するに「部下を数名持つ」管理職もしくは
チームリーダーになった際に、一番最初に
行わなければならないこと。

それは「各人との面談」です。

私は、この面談をとても重視しました。

■毎日ミーティングの開催
■週次まミーティングではなく週報提出でおわり
■月次で各人と1回、約30-60分で面談
■きちんと管理者から期待するポイントをフィードバック

面談は「やれば良い」というものではありません。
その人の仕事感、自分のキャリア(やりたいこと)
現状の課題、人生への悩み、自分の得意・不得意
等々をすべてヒヤリングしました。

これをやらないとチームのトップにはなれません。
それらをすべて把握した上で、仕事の配分
(マネジメント)が初めて出来るからです。

管理職の皆さん、時間はかかりますが、ぜひ一度
面談重視のマネジメントに転換してみては。

2018-08-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/