競争意識は大事!それが組織活性化につながる

経営

競争意識は大事!それが組織活性化につながる

仕事でも、趣味でも、長い人生の歩みでも、誰かと
競争することは良いことです。文科省のゆとり政策
で「競争させない環境」を作ってしまったので、日
本人は若者を中心に競争することができなくなった
のだと思います。

競争は「悪」ではなく、人間が成長する過程で絶対
必要な要素だと思いんですけどね。

競争意識を持つことのメリット

1.勝つ喜びと、負ける悔しさを味わえる
  これは喜怒哀楽のすべての要素が入っています。
  だから、人間として成長していけるような気が
  します。
2.勝つために自分で「考える」能力が身につく
  だんだん、考えて行動できる人が少なくなって
  きています。考えなくても、衣食住確保されて
  いるので、考えたり、工夫したりする必要がなく
  なったからでしょうかね。
  自分で考えた策で、相手に勝つ喜びは無いです。

自分が仕事を与えられた際に、誰かを競争相手とし
て設定します。経営者でも先輩でも良いです。
その人のやり方と違う方法などを自分オリジナルで
考えそれを実践し、成果を出していくことで、それ
自体も競争意識を持って対処していることになります。

競争意識があれば、自己をもっと成長させていくこと
ができると私は思います。
中小企業経営者は、その人間の潜在的な能力を引き出
し、上手くマネジメントしていくことが肝要です。

※過度な競争意識は反対に逆効果となります。そのサジ
加減が非常に難しいのも事実です。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/