社員に対する指導は「ヒントを与えるだけ」

経営

社員に対する指導は「ヒントを与えるだけ」

昨日、ある経営者と会食させていただきました。

その企業は社員に自主性を持たせ、自分たちが
仕事を組み立てて行動しているので、収益率が
とても高い会社に変貌しています。

その社長いわく「私は社員にヒントを与えるだけ」
とのことでした。私も同感です。

会社って、経営者がと軍隊みたいに統制しても
ダメだし、丸投げで任せきってもダメです。
ちょうど良い、「鵜飼い」のようなマネジメント
が必要なんです。

所詮、人は「感情」で行動します。

自分で考えたアイデアを具現化出来る組織体が
あれば、そこで自由に仕事をさせてもらえるの
が最も幸せで、結果的に、会社の収益は最適化
されるというのが私の考えです。

私の関与先で伸びている企業は、
みんな従業員の自主性を重んじ、仕事を任せ、
責任と権限も与え、失敗したら経営者がケツを拭く
覚悟を持ち、成功したら会社全体で喜びを共有する。

経営者はこの「覚悟」だけ持っているれば良いのです。

中小企業経営者はとかく、社員を信用しない傾向が
強いです。その気持もわからなくもないですが。
しかし、それでは強い会社にはなりません。

社員を信じ、権限委譲していくと、経営ってとても
楽しく、経営者は次のステップを考える時間も得ら
れます。とても楽しく愉快なことだと思います。

2017-07-20
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/