瞬時の判断が勝敗を分ける

経営

瞬時の判断が勝敗を分ける

何事も「先送りしない」瞬時の判断が企業経営の
命運というか、勝敗を分けることが多いです。
特に、今のような経済の先行きが不透明な時代に
良い話も、悪い話も、経営者に目の前に情報として
いっぱい流れてきます。

そのような時、同じ条件のメリット案件があった
として、「瞬時に判断し取り組む経営者」と、
「ちょっと時間をあけて検討して判断する経営者」
では、そのメリット案件を獲得できる確率は大きく
変わってきます。一瞬躊躇した時点で、負けている
ケースが多々あります。

世の中で、瞬時に判断できる経営者の行動特性って、
以下の通りです。
自分の経営ポリシー・事業運営ポリシーがしっかり
自分の中にあり、メリットのある情報が目の前に
流れてきた瞬間、掴むことができる
※何も考えていない人は、損得でいろいろ考え、
判断が遅れてしまう。そして、掴んだとしても、
損得判断なので、メリット案件を実践したとしても、
経営ポリシーがブレブレなので、うまくいかない
ことが多い。

常に自分の会社の経営ポリシーや事業運営ポリシー
をぶれずにしっかり持っている経営者が、つねに
チャンスをつかむことができます。
これは私の実体験で、最近感じたことです。

2020-03-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/