目標があまりにも大きい場合、小さく区切って小目標を立てる

経営

目標があまりにも大きい場合、小さく区切って小目標を立てる

最近、この重要性をよく感じます。
目標って、大きく掲げますよ。
他人から見たら「馬鹿じゃないの?」的な。

しかし、当の本人はいたって本気で目標を掲げています。

すぐ達成できそうな目標を掲げてしまうと、その達成
過程(STEP)に対して人は努力しなくなるので、NGです。

目標は、今までのやり方では通用しない方法を考え・実行
しないとクリアできない目標を掲げていきましょう。

その際、あまりにも目標が大きすぎると、人間「やる気」
がなくなり、目標を達成するという行為自体をやめて
しまいます。

これでは本末転倒なので、

大きな目標(自分の夢やビジョン)を掲げて、
それを区切りにして、小さな目標を階段のように設定していく
ことをお勧めします。この小さな目標にステップを区切る
作業は非常に重要です。意外にできない人が多いからです。

イチローは、今、大きな目標を達成していますが、彼の場合
すべて小さな目標を設定し、それを努力と日頃の鍛錬で
すべてクリアし、現在に至っています。

42歳になってもメジャーで通用する身体や技術を維持する
ことは並大抵のことではなく、野球以外にかなりの犠牲を
強いていると思われます。それくらい目標達成に努力を惜し
まなかった結果と言えます。

中小企業経営者にとって、事業での夢や目標が必ずあると
思います。その目標はどでかいのだと思います。
しかし、そのどでかい目標を小さく区切ると、意外に「達成」
できるレベルの目標になってきます。それを繰り返し繰り返し
達成していると、いつの間にか、時分が夢見た頂まで到達して
いるのだと思います。

重要な事は
(1)諦めない(継続して実行する)
(2)他人と比較しない
(3)小さな目標達成を楽しむ

でしょうかね。

☆===========================☆

中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas

☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/