潮目が変わる

経営

潮目が変わる

何事にも「潮目が変わる」タイミングがあります。
ビジネスにおいて、その潮目が、自社にとって
良い変化なのか、都合が悪い変化なのかを、
予測し、予見し、今どうするかを決断しなければ
なりません。

しかし、どれだけ考えても「わからない」ことも
あります。誰も経験したことが無い「潮目」が
世の中にはあります。

ワープロソフトの事例。

昔、銀行システム部のとき、MSのWORDやEXCLE
が台頭してきて、それまで使っていた「一太郎」
「マルチプラン」が全盛だったころ、弊社の部長は、
他社がまだ一太郎を使い続けているときに、
「潮目を読み」いち早く「WORD」「EXCLE」に
転換し、銀行系の情報系システムを汎用機じゃない
MS系のソフトで構築しました。他の銀行からたくさん
視察に訪れたものです。

この当時の部長、かなりの勇気と苦悩の末の決断
だったのだろうと思います。

誰も経験したことがない市場への「潮目の変化」
である場合、失敗するかもしれないが、果敢に
潮目の変化にチャレンジすることの方が、後悔
しないし、やりがいがあると思います。

私は「果敢にチャレンジする派」を応援します。

「AIや自動化ロボ」も今年の潮目の変化です。
私が個人でやっている「民泊」も潮目が大きく
変わります。

私のビジネス環境で大きく潮目が変わります。

2018-05-29

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/