最初からうまくいくわけがない

経営

最初からうまくいくわけがない。

人は他人から言われたことをよく覚えています。
そのくせ、言ったことを覚えていません。

人は他人と比べて、「自分はダメだ」とすぐ思い込みます。
しかし、他人はそんな風に思っていません。
他人はその人のことを「努力すればすぐ同じレベルに
到達できる」と思っています。

そう。

人って、「自分がどう思われているか」がとても気になる
ので、四六時中、「自分のこと」を考えています。

そのような人は、他人から何か言われた場合、言った方が
悪気がないにも関わらず、「ネガティブ」に解釈しようと
必死で最悪の状況を探り始めます。

これはその「本人」に原因があるのですが、
要するに「自分に自信がない」だけの話なんです。

それを打破する最良の方法は「勉強」「知識インプット」
することです。これは私も同じ境遇だった時代が有り、
いつも他人と自分を比較していました。しかし、比較して
も何も変わらないんです。当たり前です。

相手に追いつき、追い抜くためにはちょっとは影での
「努力」が必要で、そうしないと相手のスピード以上に
スピードを出すことは出来ないのです。

昔、私がサラリーマンだった頃、上司に言われた言葉
『自身がないやつはゴミ以下やな』って。

「ゴミ以下」ですよ。ちょっと衝撃でしたね。

これを言ってくれた上司に今は感謝しています。
自分に自信を付ける方法=「勉強しかない」
と確信させてくれたのですから。

それから狂ったように勉強をし始めました。
中小企業診断士の資格取得の勉強です。
この勉強の素晴らしい点は、経営全般の「知識」が得られ
ること。もう一つ、「考えることの必要性」を教えてくれました。
この勉強の過程で、物事の考え方のバランスがとても良く
なったと思います。物事を俯瞰的にまず捉える習慣が出来た
おかげて、仕事を無駄なく効率的に仕上げるスキルというか
やり方が身につきました。結果、自信をどんどんつけることが
出来たのです。

私は中小企業の従業員に常々言っているのは、
「勉強しろ(知識)」と「考えろ(自分の判断基準を作る)」
ことです。

しかし、理解してくれる人はごく少数です。
ような何度言っても「勉強しない」ってことです。

世の中の「自信がない人」へ

自信をつけるには、「プチ成功体験」をいくつも重ねていく
しか方法は無いと思います。それには、人より、自分が関与
する分野で圧倒的なインプット(知識)を持つことで達成できる
はずです。その分野の書籍10冊読んでみてください。
書いて有ることは同じことです。抑えるポイントは数点である
とわかるはずです。その瞬間、自信が湧いてくるものです。

自信が無いと言っている人は、努力をせず、知識も入れず、
他人と自分を比べて、「自身が持てない」と言っている人です。

世の中で成功している人で、
努力していない人なんていないです。
みんな寝る間も惜しんで知識を入れ、事例を勉強し、人脈を
構築するために人と会って話を聞き出し、自分流にアレンジ
しながら自分モデルを構築しています。

長くなって申し訳ございません。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/