時間の使い方で将来が見えてくる

経営

時間の使い方で将来が見えてくる

時間をどう使うか!
これは各人が意思決定できるものです。

家でだらっとするのも良し、
トレーニングでフィットネスに通うのも良し、
資格試験の勉強をするのも良し、
交流会等で人脈形成に励むのも良し、
彼女とデートするのも良し、

まあ、自由に使えば良いのです。

しかし、私自身50歳を過ぎて思うことがあります。

「もっと勉強しておけばよかった!」
ということです。

勉強=「自分の知らない」知識を得ること
なんですね。今さらですが。

特に、中小企業経営者は「勉強」に費やす時間を
仕事に費やす時間の30%は確保して欲しいものです。
仕事を10時間やっている人は、3時間確保して、
業界情報の知識インプット、ビジネスモデルの勉強、
部下マネジメントの勉強、財務の勉強、マーケティング
の勉強など、色々です。資格取得の勉強でもOKです。
また、社会人大学院で学んでもOKです。最近増えています。

人間、学ぶ(知識を増やすこと)で、応用が利くように
なります。それを「見識」と言います。

その見識がやがて「胆識」となって、色々な状況かで
瞬時に物事を判断し、意思決定できる逸材になります。

そのスタートは、「勉強」なんです。

中小企業経営者の皆さん、頑張って今日もやり抜きましょう!

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/