新人頑張れ!(30数年前の苦い経験談)

経営

新人頑張れ!(30数年前の苦い経験談)

今日、電車が「新人風」のビジネスマンでちょっと混ん
でいたように思います。

新人さんが多いのか?
これから、今までとは全く異なる「稼ぐ」ということの
厳しさを味わうことでしょう!

バイトで数万稼ぐのと、全く異なります。
上司から叱られ、怒られ、怒鳴られ、時には褒めてもらい
成長していきます。

そこで、以下の点、注意してください(私の苦い経験より)

■上長からの依頼仕事は必ずメモし、納期を聞いておく
 私は30数年前、銀行員だったのでしが、当時の次長
 (No2)からの依頼事項を請け負いました。納期を
 確認せず「放置」していたのですが、
 『南本君、あれできたか?』と聞かれて「あわてないから
 とおっしゃっていましたので、まだ出来ていません」
 と応えてしまい、その次長から『もう、お前には仕事を
 頼まん!』と叱られたことがあります。

これは上長が新人を試しているのです。
そのことを理解してください。
先輩や上長からの仕事の依頼は、「試されている」という
ことを理解して行動してください。
たとえ、「コピー取り」「お茶出し」「会議室設定」「掃除」
等の雑用っぽい仕事だと「自分」で判断しないでください。
それは会社(組織)が貴方自身を「試して」いるのです。

「ちぇ!何だよ、雑用ばかり!」なんて気持ちでやる新人と
「ビジネスマンとして何でも一生懸命吸収しようとする新人」
のどちらかが2,3年後、成長するとおもいますか?

結果は明らかです。

新人諸君、学生時代と考え方を180度変えなさい。
そうしないと生き残れないよ!

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/