攻めと守りのバランス

経営

攻めと守りのバランス

何業にしても、「攻め」と「守り」のバランスが
大事です。

弊社のようなコンサル業でも、社労士業でも同じ
ことが言えます。

よく言われる言葉で『釣った魚にはえさを与えない』
というものがあります。

要は「攻め」ばかりにエネルギーを費やしていると
「守り」がおろそかになり、競合他社に奪われてしまう
という最悪の結果につながる場合もあります。

会社の業績を伸ばしていくためには、「攻め」は必要
です。しかし、「攻め」だけでは「離反」も多くなり
ます。これでは、せっかくエネルギーを費やして獲得
した新規顧客を手放すことになります。

「攻め」と「守り」のバランスは必要なことはいうまで
もありません。それ以上に「守り」を重視し、一度ご契約
いただいた企業を気遣い、ケアし、双方向の会話をして
いく姿勢がないと、発展しないなと思います。

この文章を書きながら、自分の会社の「守り」を再度
固めて行きます。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/