我が子が可愛いのはわかるけど・・

経営

我が子が可愛いのはわかるけど・・

今日、バス停でバスを待っていました。
おっさんAが私のちょっと前にバス停に並びました。
おっさんAの後に私が並んでいる状況です。

そこに「市立中学生」らしき娘が遅れて、トコトコと
バス停の方に歩いてきました。

当然、私は、「私の後ろに並ぶ」と思っていました。
100%思っていました。
もしくは、そのおっさんAが娘と一緒に私の後ろに
ずれて並び直すものと思っていました。

結果は違いました。

私に「すみません。娘を私の前に入れていいですか?」
等のなんの「お詫びの言葉」もなく、さも当然のごとく
娘を並んでいる列に「割り込ませた」わけです。

私はココロの中で、「なんでや。間違っているやろ!」
「おっさんAよ。もっとちゃんと教えろよ!」
「娘も娘や、ええかげんおっさんAから親離れせいよ!」

我々世代の親世代が、今の子供を甘やかし、社会性を身
に着けさせずに大人にしてしまうので、マナーや言葉遣い、
所作、振る舞いなど、「だめな人」が多すぎます。

子供がダメというより、今の「大人がダメダメ」です。
私も含めて猛省した方が良い。
しかし、この「おっさんA」は性根入れ替えた方が良い。

2018-07-17

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/