急な依頼に対応する体制づくり

経営

急な依頼に対応する体制づくり

急な依頼に対応できない場合って無いですか?

本来は、急な依頼を想定しながら、自社の体制を整備
しておく必要があります。

昔、ある人に言われたことがあります。
「今調度良いマンパワーでは6ヶ月後、回らないよ!」と。

仕事が順調に回っている時に、
今がマンパワー的にちょうど良いということは、
徐々に社員やスタッフに負荷がかかりはじめ、6ヶ月後や
1年後はみんな無理をして業務を回すようになり、
その結果、トラブルや仕事のミスが発生し、
顧客に迷惑をかけ、クライアントを失う結果になる確率
が高くなります。

仕事は「人」がやるもの。お客様にきちんと納品するために
体制整備は経営者の仕事であり、先を読む力「予見力」が
試されます。

最も良いのは、誰もがすべての仕事をこなせる体制づくりが
理想であり、弊社はその多能工化を目指しています。

そうすることで、急な依頼に対しても、電話を受けた人が
対応できたり、回答したり、業務遂行出来れば、
組織は活性化すると信じています。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/