弊社!「企業型」確定拠出年金を導入

経営

弊社!「企業型」確定拠出年金を導入

今ちまたでは「個人型」の確定拠出年金が増えている
そうです。銀行さんが民間企業に営業攻勢をかけて
いるとのこと。

個人型の確定拠出年金のメリットは「所得控除」
のみであり、所得税、住民税が安くなるという
メリットと別立てで「自分のための年金」を自分で
積み立てる事ができる点です。

弊社は7月から「企業型」の確定拠出年金の運用を
始めます。導入すると決めてから6ヶ月程度事務手続
でかかりました。

メリットは
・年金掛け金分が社会保険料負担免除
・会社負担分の社会保険料の削減(企業型の最大メリット)
・所得税、住民税が安くなる

デメリットは
・既存の厚生年金の支給額が将来的に少なくなる
・会社の運営費等がかかる

弊社の場合、社員も加入出来ますので、
社員の「社会保険料負担」が軽減でき、その分自分で
年金資金として「自分のためだけ」に運用出来ます。
それに最大の狙いは「会社負担分の社会保険料削減」
なのです。企業経営に置いてこのメリットは実に大きい。

まあ、会社の運営費等のコストはかかりますが、
よくある「社員旅行でハワイ!」とかより、
現実的な福利厚生だと私は思います。

中小零細企業でも「企業型の確定拠出年金」は入れます。
「入れない」と思い込んでいる経営者が多いようですが・・
そのような制度を導入している中小企業はほとんどなく
社員のリクーティングや離職防止に貢献できると思って
います。

中小企業が何かにチャレンジしないと、
将来は無いですよ。社員の囲い込み策として大手に負け
ない制度を導入しておくのも、一手だと思いますが、、

ご興味のある方はご連絡ください。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/