差別化する付加価値ってなんだろう

経営

差別化する付加価値ってなんだろう

先日、ある信用金庫の利益が伸びているという記事を
を見ました。

金融機関の貸出が伸びない中、預貸率が80%を超えて
いるという。これは信用金庫の存在意義である中小零細
企業に対して、少額な資金を融資し続けている証です。

その根幹は何なのか?

ずばり、「中小企業に対して総合的な課題解決業」に
徹しているからだという。とかく、ちまたの銀行は
「資金需要」しか興味がない場合が多いのだが、
この信用金庫は「あらゆる経営者の悩みや課題に対して
専門家を紹介しその際のコンサル料は3回まで信金が
負担している」とのこと。

ここまでやられたら、中小零細企業は、ワンストップで
この信金に相談に乗るようになります。この信金は
「絶対断らず、役に立つ専門家や社内人材を探し、
紹介する」そうです。

そうすると、また相談するようになり、結果、信金へ預金
したり、融資を融通してもらったりしますよね。
ここまで、経営全般に関与している金融機関は少ない
と思います。他人事を自分事のように汲み取り、
支援や応援してくれる信金なんです。

これが「他の信金と差別化する付加価値」なんですね。
この付加価値はお金では測れないものがあります。

世の中の中小零細企業に良いヒントになれば幸いです。

2018-04-11
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/