定年起業のすすめ

経営

定年起業のすすめ

定年後のおっさんサラリーマンの末路は80%の
人は、何もすることなく、静かに老後を過ごすの
ではないでしょうか?

それを否定はしませんが、日本の少子化人口減少
社会になんら貢献しないことになります。

ようは「それで楽しいのか?」
ということを問いたいのです。

日本の定年制はほとんど60歳で、継続雇用で
65歳まで勤務が可能です。
これは「勤務可能」というだけで、自分が他に
やりたいことがあれば、60歳定年で、退職金を
もらい、さっさと他の事業や企業や起業をすれば
良いわけで、その「発想」を現役サラリーマンで
の今から考えておくことが大事なんです。

「定年起業」は色々厳しい面がありますが、
しかし、自分で諦めてしまうと、そこでTHE END
なんです。人間(特に男子)はロマンを追い求める
傾向があるので、昔なし得なかったことを達成したい
と強く思っています。

現役の今から情報を集めて、常に自分をビジネス社会に
適用できるように鍛え(パソコンスキルとか財務知識・
マーケティング理論とか勉強する、学校に通う)
社会で稼げる人間になっておくことが大事です。

最終、自分がやりたいことをビジネスとして成立させて、
生活ができれば、生涯現役で「楽しい人生」が送れる
ことになります。

60歳定年から後「25年」は生きることができます。
ものすごく長いです。

人生一回きり、なんでも良いから起業準備しましょう。
生活にハリがでますよ。

2018-07-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/