外の空気を入れることが大事

経営

外の空気を入れることが大事

ぬるま湯という言葉がありますが、自分だけ
の世界に浸っていると、進歩が止まります。

外の世界を見ることが大事です。会社の業務
改革や生産性向上もそうです。簡単な事例で
いくと、お客様のところに訪問し、2つの
マルチディスプレイで仕事をしている会社が
ありました。「南本さん、これ生産性めちゃ
クチャ上がりますよ!」って言われて、自社
に導入したのが4,5年前。その当時生産性
が1.5倍くらい上がった記憶があります。

これって、自分の固定概念で「ディスプレイ
は一つ」と思い込んでいた結果です。外の世
界を見て、影響を受け、実践して今がありま
す。

皆さんも外の世界にどんどん触れて、良いと
思った部分を自社に取り入れ、生産性を向上
させていってください。

2020-12-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact