変化に対応って言うけれど・・

経営

変化に対応って言うけれど・・

消費者の変化に対応していかなければ、
事業として永続していくことは難しい
ってことは誰でも「頭」でわかっています。

最も難しいことは
その「変化」に気付かないことと
「どう対応すれば良いか」がわからないこと
です。

コロナ禍でいうと、
変化に気付かない=
「しばらくするとまたお客様が元通り戻って
くる」と疑いもなく思っていることです。
経営者がこの発想で従来通りの営業スタイルで
やっていると、変化に気付かず、経営を悪化
させることになるかもしれません。
(運よく元通りに戻る可能性もあります)

また、運よく「変化に気付いた」として、じゃ
我が社はその変化に対して、「どう業態転換
すれば良いか」がわからないわけです。
これは結構、誰もわからないかもしれません。
その変化に気付いていち早く対応した企業だけ
が生き残れる厳しい世界だと思います。

そこでキーワードは「移動しない人々」って
ことだと思います。その移動しない社会を
前提に、御社のビジネスモデルを新規で構築
していくことが肝要です。社員一丸となって
全員で知恵を出し合うことです。答えは無いの
で試行錯誤、トライ&エラーの繰り返しです。

昔のスタイルも残しつつ、新しい業態を開発
していく時期が、まさしく、コロナ禍の
今ではないでしょうか!

2020-08-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/