在宅勤務体制を一気に整備するチャンス

経営

在宅勤務体制を一気に整備するチャンス

毎日、「コロナ感染者○名です」的な報道、
何とかならないのか?と思いながら過ごして
いるのは私だけでしょうか?
感染者数、死者、回復者数をテレビの端で
テロップ的に流す程度で良いと思うのですが。

この緊急事態で、一つ良いことがあります。
大手企業はもとより、中小・零細企業の間でも
「テレワーク(在宅勤務等)」を導入する企業が
増えているということです。

企業の規模にかかわらず、否応なしに在宅勤務の
仕組みを導入しなければ事業が回らない局面に来て
います。弊社も至急、体制を整備しています。

あらゆる業種・業態で「在宅勤務」ができるかは
疑問ですが、最も大事なことは、
「そのことを真剣に今考える」ってことです。
それは未来への生産性、業務効率化の点で、とても
意味があることだと私は思います。

この結果、東京オリンピック時は、在宅勤務が
普通にできるし、日本の中小企業の生産性が向上
すること間違いないと思います。

中小企業経営者は気づくはずです。
全員出社しなくても「会社は回せる」ってことを。

コロナウイルスは日本経済に暗い影を落とします
が、プラス面(ポジティブ)に考えていかないと、
恐怖心等でメンタルがやられてしまいます。

2020-03-02

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/