固定概念を取り払う

経営

固定概念を取り払う

先日、記事で「商店街」や「地方創生」が上手くいかない
のはそこに居座るご年配の支配者(会長等)の存在だと
書いていました。

やる気のある若い人がプロジェクト等参加しても
長く続かず、去って行くという。

その理由を、年配の会長等は
「今の若いものは辛抱が足りん」とか
「今の若いものは仕事ができん」
「今の若いものはやる気がない」
等々だと主張する。

しかし、客観的に外から見ているこの記事を書いた著者は
理由は明白で「年配支配者の固定概念が強く、柔軟な若い
意見や提案を受け入れないこと」だそうです。

なんとなく、理解できます。

今の高齢者は高度成長期に成功体験を持っている人が
ほとんどです。ですから今の環境に合わせて戦略を練る
とか、作戦を考えということができず、昔成功したやり方に
固執するため、上手くいかないのだろうなと思います。

固定概念に囚われていては、ビジネスの世界では
ゆでガエルとなって、時代に取り残されて行くばかりです。

今日から固定概念を取っ払いましょう!

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/