利益率にこだわると痛い目にあう

経営

利益率にこだわると痛い目にあう

経営は「利益」がでないと、事業継続ができなくなります。

当たり前の話ですが、キャッシュが底をつくからです。
個人資産がたくさんある経営者に会社は潰れません。
個人資金をどんどん会社につぎ込んで経営するからです。

不採算部門からの撤退はとても大事の戦略なのですが、
そのタイミングを見誤ると、会社の売上額の絶対量が
極端に下がり、利益率は上がるかもしれないですが、
利益額が下がり、キャシュが極端に低下する羽目になる
場合があります。

経営者は「利益率」にこだわることは良いことですが
売上が安定しているという前提での「利益率」です。

それが出来ないのだら、売上増大の施策をたくさん
打っていくしか手はないです。

経費を使えない以上、知恵を使うしか手がないのです。
人間、追い込まれた局面では、恐ろしく良いアイデア
が出てくる場合があります。
そんな会社がいらっしゃれば、経営幹部と、
付加価値商品やサービスの開発に「ブレインストーミング」
をぜひやってください。

利益率にこだわるのは売上がある程度立ってからです。
そのことを肝に銘じておいてください。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/