先人から学ぶ姿勢

経営

先人から学ぶ姿勢

 

経営者の行動は基本みんな同じことをします。

 

例えば、

創業当初は、交流会やセミナー参加、

そして名刺という人脈の拡大。

これは南本個人の意見ですが、あまり役に立ちませんでした。

交流会は時間投資に比べて効率が悪く、

名刺をたくさん集めて、その後お会いしても、意気投合しません。

理由は簡単です。お互い仕事がほしい人ばかりだからです。

交流会は付き合いが発散して本業がおろそかになり、本末転倒です。

 

しかし、出会った経営者で伸びている会社がたくさんあります。

それは、彼らの工夫、マネジメント、経営戦略、独自の手法が

あり、それらの成功方程式を学ぶことに、時間を使うべきです。

 

交流会に参加するなら、それなりの会費を払い、成功している

経営者が集う会に参加すべきだと思います。

その会費投資は経費ではなく、自分の成長への投資になるのです。

生きた経営話や現状のマネジメント話を聞けるのですから。

 

まあ、儲かっている成長企業は、社員等のスタッフに対して、

経営理念を浸透させ、情報を開示し、従業員が自律的に動く

環境整備を行っています。

 

これができる経営者は意外に少ない。

 

成功したければ先人経営者から学ぶことが早道です。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/