先を見る余裕は今があってこそ

経営

先を見る余裕は今があってこそ

経営には先を見通す余裕が必要ですが、その余裕が
ない人が多い。

その理由は、現状の経営で手一杯というものが最も
多いと思います。

今の現状が「バタバタ」している原因を探ると、
数ヶ月か数年前の「過去」に、今(過去からすると未来)
に対して、先を見通しをつけて決着をつけていなかった
結果だと言えます。

結局、今、「バタバタ」している経営者は、過去から見て
未来を見据えた戦略なり段取りなり、手を打っていなかった
結果と言えます。

偉そうなことを書いていますが、
私自身の反省を込めて書いています。
私自身も、今「バタバタ」しています。
先を考えることもせず、その日の業務をさばいている状況
になっています。

これではダメなんです。
と思っても、先を見通せないのです。

それは「なぜ」なんだろうか?と考えました。

その原因がわかりました。

今が「しっかりしていない」からということです。
仕組みをしっかり構築していないからなのです。

何が?

・月次決算処理と検証
・情報共有させる仕組み(効率化の仕組み)
・標準化の仕組み
・各メンバーの役割分担

これらが曖昧なので、今ちゃんと決着させておかないと、
またちょっとした未来がやってきても、今と同じように
「バタバタ」することでしょう!

結局、今、しっかりと改善志向に立って、業務改善を
やって置かなければならないのだと痛感しています。

経営者に仕事って、社員が誰でもこなせるような「仕組み」
を会社内に構築して継続させることだと思います。

☆===========================☆

中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas

☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/