優先順位の付け方

経営

優先順位の付け方

仕事の優先順位がわからない人は必読です。

以下の手順で作業を行ってください。

1.現時点ですべての仕事を紙に書き出す
 (それこそ毎日やる作業なので手書きが良いと思います)
2.緊急度、重要度でランク(1~4)をつける
  重要度高い+緊急度高い(ランク1)
  重要度高い+緊急度低い(ランク2)
  重要度低い+緊急度高い(ランク3)
  重要度低い+緊急度低い(ランク4)
3.自分の仕事をランク順に並べ替える
4.上位の仕事から手を付ける

これだけなんです。
仕事の優先順位がわからない人で、重要度や緊急度
がよくわからない人は、上長に確認する必要があります
が、その企業の業務内容や企業理念等からある程度
わかるはずです。

要は、会社側の都合を優先するのではなく、お客様の
都合であったり、外部業者へ迷惑がかかるような案件
を先に仕上げて自分から手を離さないと、「自分以外の人」
に多大なる迷惑がかかる案件が重要となります。

それなのに、会社内部の仕事が「簡単でスグ終わるから」
という動機で、せっせとやっている人が多いのです。
ランクが3とか4の仕事をせっせとやってしまうと、
ランク1とか2の重要な案件が出来なくなり、みんなが
困るわけです。

仕事ができる人か、出来ない人かは、
上記の優先順位をある程度自分で判断し、新しい仕事が
追加された瞬間、上記1-4の作業を頭のなかで整理し、
優先順を決定できるかどうかで決まります。

時間の使い方が悪い貴方!
即実践してみてください。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/