会社もストーリー性が必要

経営

【会社もストーリー性が必要】

最近、テレビ CMの好感度ランキングが発表されました。
長年ソフトバンクがトップだったのが、今年は三太郎
シリーズでauがトップになったようです。
CM好感度ナンバーワンということですね。

この勝因はストーリー性だと思います。

好感度が良いからスマホをauに切り替えるかどうか
は疑問ですが、携帯キャリアにこだわりの無い人
だったらauショップに行く確率が上がることでしょう!

経営も同じことが言えます。

ストーリー性が必要ということですね。

経営戦略は当然ストーリー性が必要です。経営目標に
どうやって到達するかって、仮説を立てながらのストーリー
を全社員に理解させなければうまく目標達成出来ません。

また、社員教育も、個々人の個性を伸ばす指導方針
をストーリーとして組んでおく必要があります。

資格取得させたいなら、取得した後で社員がどんな
ハッピーな状況になるのかを連想させるストーリを描き、
社員に熱く語れば、社員の資格取得が進み、
自社の組織はより活性化することになります。

顧客先に営業でもストーリー性のある提案が必要です。
自社の商品やサービスを購入したら、どんなメリットが
あるかをその企業の実態に合った具体性のある
ストーリーを組んで、提案するのです。

そうすれば、お客様は自分のことをここまで理解して
提案してくれたのか!と感動するはずです。

ストーリー性とは、最終的に相手を感動させるため
のシナリオなんですね。

アールイープロデュース
http://re-p.co.jp
問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/