他者の責任にしたがるよね

経営

他者の責任にしたがるよね

私もたまにあります。
「人の責任にすること=他責」が。。

「自分の身に起こることはすべて自分に原因がある」
ということをもっと真剣追求しなければいかん!
と思う局面が多々あります。

顧客とのトラブル、社員への意思疎通など色々なことで
対外的に問題やトラブルが発生することが有ります。
皆さんの会社も同じだと思います。

そこで、経営者たる社長がよく言うセリフ。
『社員がちゃんとやらない』
『社員が最後まで尻拭いしない』
『社員がいい加減な対応をする』等々

しかし、これは経営者としては失格です。
さっき記載した「すべての起こる事象は自分が原因」なんです。
これはほぼ100%間違いないんです。

だから、会社を経営されている方は、
すべてのトラブルは「経営者自身がまいた種」だと認識すべき
です。

経営者自身の教育不足、理念浸透不足、フォロー不足等々。
経営者が自分のマネジメントの不甲斐なさを理解し、
一から自分の責任だというスタンスで会社経営を行うと、
会社の再構築は可能です。上手く回り始めます。

それを一からやらない限り、いつでも「他責」の空気が社内に
蔓延し、組織が活性化することはないでしょう!

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/