仕事はデッドラインを決める

経営

仕事はデッドラインを決める

仕事を早く終わらせる方法の最有力は自分で、
「仕事を終らせる時間を決める」ことです。

この死守する時間を、私は「デッドライン」と
読んでいます。

昔、銀行員でシステム部門にいた際、
システムトラブルがあると、必ずリカバリーが
完了する時間を決めます。

それがデッドラインとなります。

そのデッドラインにトラブルの原因を追求し、
対応策を検討し、システム修復を行うわけなの
ですが、デッドラインが決まっているので、悠長に
時を過ごす余裕はありません。

原因追求班、トラブルの影響調査班、対策を練る班、
修復する班、営業店と電話で対応する班等、リーダー
は瞬時にそれぞれの班に、最適者を配置して、指揮
にあたらせることになります。

大抵は、その段取りのもと、デッドラインまでに
システムトラブルが修復され、トラブル対応は完了し、
銀行の顧客は何事もなかったかのように通常の取引を
行えるようになっているわけです。

何が言いたいか?

仕事を早く終わらせる方法は「デッドライン」を自分
で決めて、段取りを行い、そのとおりに進めていく
ことなのです。

ダラダラやっている社員を見つけたら、デッドラインを
設定させて下さい。生産性はすこぶる向上すると思います。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/