人は常に誰かに認められたいと思っている

経営

【人は常に誰かに認められたいと思っている】

人はみんな、褒められたいのです。
人はみんな、『良くやった!』と認められたいのです。

そのために、創意工夫して仕事をしているはずなのですが、
空回りしたり、考えずに行動したりして、周りに迷惑をかける
ことがあります。

中小企業の場合、スタッフが少ないので、1人の空回りや
仕事でのミスは致命的となります。

そうならないために、仕事を依頼する場合、「その目的」と、
なぜやるのかの「意味」「意義」を伝えないとダメなんです。

その上で、仕事のやり方を自分で考えさせ、
うまくできた場合は「褒めてあげる」「ありがとうね」と
上長が言葉で認めてあげることがとても重要です。

言われた人は、とても嬉しく、やりがいを感じ、
モチベーションが上がり、個人として成長します。

結果、組織も底力が付き、活性化します。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp

問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/