人はいつも「期待されたい」と思っている

経営

人はいつも「期待されたい」と思っている

人はだれでも「期待」されたいと強く思っています。
その心理を経営者は上手くくすぐることが大事です。

それが部下指導の極意だったりでします。

どんな部下でも社員でも、上長や経営者から、期待され
仕事で成果を出し、褒められたい、表彰してもらいたい
と思っているものです。

中小企業経営者の皆さんへ

・どんな部下でも「期待」しましょう。
・どんな部下でも期待を込めて「仕事を任せましょう」
 ※仕事の任せる重要度を真剣に考える必要がありますが・・
・どんな部下でも「ほぼ期待どおり」に出来れば
 「褒めて」上げましょう。
・出来れば全体会議や朝礼等で表彰してあげるともっと
 モチベーションが上がることでしょう!

実践してみてください。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/