人の裏をゆく

経営

人の裏をゆく

私はいつもこの言葉を唱えています。

「人のゆく裏に道あり 花の山」

中小企業が大手企業のやり方を真似したり、
競合他社のやり方を真似しても、所詮、
最初だけうまくいきますが、やがて飽きられて
良い時期は長続きしません。

人がやることの「裏」「真下」「逆転」の発想
で自社のビジネスを考えないと、永続する企業
とはなりません。それが自社の「オリジナリティ」
となるのだと思います。

先日、昔お世話になった経営者といつもの場所で
飲みました。その「いつもの場所」とは、居酒屋
なんですが、「メニューが無い」店です。

いつも予約でいっぱいです。
メニューが無いので、大将のおまかせとなるの
ですが、それが「季節の旬」の食材を使ったコース
となるので、何度行っても同じものが出たことが
ないのです。これはびっくりです。感動すらします。

これが居酒屋の「人の裏をゆく」ってことになる
のだと思います。一見客より紹介やリピーターで
店が繁盛し、経営が安定することになります。

「人の裏をゆく」決断をすることは勇気がいります。
しかし、それを辛抱してやり続けると、やがて
光が見えてきます。

要は自分が決めたスタイルをやり続けられるか
どうかが、成功する会社かどうかの分かれ目です。

2019-09-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/