人の上に立つことの意味

経営

人の上に立つことの意味

人の上に立つことはサラリーマンならわかりやすいですね。
平社員で入社し、グループのリーダーに抜擢された瞬間、
人の上に立つことになります。

部下指導や組織マネジメントの勉強を行い、
チームパフォーマンスを最大化させる仕組みをチーム内
に構築していけば良いのです。
まあ、言うのは簡単ですが、実際はやって成功させるのは
非常に難しいです。

これはリーダーになれる人となれない人の「適性」があり、
それによりはっきり得手不得手が別れるからです。

不得手の人は、自分で努力しても無理です。
結論は、不得手のの人は、得意なサブリーダーを、自分の
部下として抱え込むことです。
そうすれば組織は上手く回るはずです。

問題は中小企業の「経営者」です。

サラリーマン時代に部下を持った経験がある人なら良いの
ですが、その経験もなくいきなり会社を起こし、従業員が
たくさんいる場合、部下指導や組織マネジメントが苦手な人
が多いように思います。

そこで最も大事なことは、
経営者自身が、社員目線に立って色々部下の相談に乗ること
です。その際に経営者は常に「模範生」でなければ社員は
ついてきません。経営者が社員に指示命令したことを、
経営者自身が守っていなかったら、社員はどう思いますか?

「社長が遅刻ばっかりしているんだから俺らもいいよな!」
「社長が言ったこと守らないのだから、俺らもやらない」等々
の不満が出てきます。

だから、自分の会社を強くしたいのでしたら、
経営者が自分自身に最も「厳しく」し、自分が社員に指示命令
したことは、まず、自分自身が最後まで守りぬくことが必須。
それくらいの覚悟で、部下指導や指示すべきです。

これ、私南本自身に言っています。
社員に「ルールを決めてやらせる」場合、私も守らないと
説得力がなく、社員が継続しなくなるからです。

会社を強くするということは、自分に厳しくなるということ
です。

頑張ろう!中小企業の社長さん。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/