人と違う発想で物事を考える習慣

経営

人と違う発想で物事を考える習慣

そう簡単じゃないですが、
「人と違う発想で物事を考える」習慣というか
癖付けすることは、ビジネスを自分で切り開く
必要がある中小企業経営者には必須の業務だと
思うのです。

例えば、人がやっている「当たり前」の真逆で
ビジネスを考えてみるとか、 裏からビジネスを
見てみるとか、ですね。

言うは易し、行うは難しですが、
とにかく「物事を逆から発想する訓練」まず
やってみませんか?
何かビジネスのヒントが見えてくるかもしれません。

飲食業なら「お客様が来店する」のではなく
「レストランがお客様の家に伺い一流料理を振る舞う」
なんて発想です。できるかどうかは別の話です。
あくまで発想を逆や裏から実施してみるということです。

「在宅勤務」も逆発想ですよね。
最初は「そんなもの無理」思っていたのが、今では
当たり前になりつつあります。

常識を疑うことも大事ですね。
常識や固定概念、思い込みにとらわれている限り、
いつまでたっても競合他社との血みどろの戦いで、
収益は低下するばかりです。
レッドオーシャンで戦うより、競合他社少ないブルー
オーシャンでスイスイ泳ぎたいですよね。

なら、他社や他人とちょっと違う発想や切り口でビジネス
モデルを構築していかないと、先はないですよ!

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/