リーダーたる立場はある意味「パワハラ」で良い

経営

リーダーたる立場はある意味「パワハラ」で良い

パワハラを肯定しているのではございません。
ある意味・・という言葉をつけています。

コンサルタントとして外部から中小企業を見た場合、
昔と比べものにならないくらい「弱い」組織になって
いると思います。

それはネット化社会になり、労働基準法の事例が公開
され、それを働く立場の人が見て、やれブラック企業だの
パワハラだのと言い始めた結果です。
それに便乗し、弁護士やユニオンが弱い立場の労働者を
けしかけて、会社を訴えたりするようになりました。

パワハラと言われるのを恐れて、何も言えなくなった
中小企業経営者。気持ちよくわかります。

しかし、毅然と対処すべきです。

アホでできの悪い社員がいたら、おもいっきり「叱る」
べきだし、ミスしたらとことんまで原因追求し、当人に
責任を取らせるべきです。(最終責任は経営者ですよ)
尻拭いを本人に最後までさせるという意味です。

仕事は遊びじゃないです。時間消費でも無いです。
すべての仕事の肯定は「利益」というゴールに向いて
います。利益が出ないとパートさんの時給も上がりま
せん。社員のボーナスも出ません。そんな当たり前の
ことをもっと経営者は社員に伝え、厳しく指導し、
ダメな社員はフェードアウトしていただき、高生産性の
組織を構築することに専念して下さい。

パワハラは体罰や口に暴言などはダメですが、
厳しく指導し、出来るまで同じことを繰り返しやらせる
等の教育指導を行うべきです。

そうしないと、中小企業は企業として存続すら危うい
と思います。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/