プラスワンの発想が大事

経営

プラスワンの発想が大事

これはどういう意味か?

仕事や作業など、終了は誰が決めるか?
上司から「終わりにしよう!」と言われて終わる場合も
あると思いますが、
ほとんどの場合「自分で決める」ことだと思います。

仕事や勉強、趣味など
「今日はこれで終わり」と決めるのは自分です。

しかし、そこに「プラスワン」の発想を取り入れてみては
いかがでしょうか?

明日のため、未来の為に、先取りして「今日、プラス1つ」
何をやろ遂げるのです。完成させるのです。
終わらせておくのです。

そうすると、明日や未来の自分は時間的に余裕が出てきます。
考える仕事が出来るようなります。戦略が練れます。
戦術が見えてきます。未来の会社や自分のイメージがより
明確になってきます。

先延ばしは最悪です。
今日できることは今日やるのは当たり前。
明日や未来にやることを今日やる「プラスワン」の習慣
を身につければ、御社、いや、あなたは最強になれます。

中小企業経営者は、ご自身でそれをまず実践し、
社内に浸透させていくと、どれだけ強い組織が出来上がることか
楽しみですね。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/