チャレンジする気持ちが大事

経営

チャレンジする気持ちが大事
人間、歳を取ってくると「チェレンジ意欲」がなくなって
きます。
理由は以下のようなものか!
■面倒なことが嫌になるのです。
■しんどいことが嫌になるのです。
■ちょっと安定してきたので、今は無理をしたくない
■経験と実績が邪魔をして「どうせダメだ」と
やる前から結論を出してしまうのです。
■もっと楽したい
等々
この前もブログに書きましたが、人間はいくつになっても
「こころの若さ」を保てるし、色々なものに対して挑戦して
達成していくことができるし、何かに夢中になって仕事や
趣味に没頭することが出来ます。
その活動がいつまでも健康で元気でいられる秘訣じゃないかと
思うのです。
特に、脱サラして独立した人は、いわゆる「定年」が無い。
これは、考えてみるとものすごい「特権」なわけです。
一般企業は55歳で年収が下がり、60歳で定年退職、
65歳まで再雇用先があれば「再雇用」。65歳ってまだまだ
元気なのですが、ほぼほぼ働くことが出来なくなるのです。
中小企業企業経営者は、チャレンジ精神、機敏性、臨機応変、
七転び八起きなど、などでもやり直しがききます。
人生に刺激を与えるという意味でも、
事業や経営に「チャレンジ」シてみてはいかがでしょうか?
☆=========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆=========================☆
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/