つくづく「組織活性化」が原点だと思う

経営

つくづく「組織活性化」が原点だと思う

経営理念って大事ですよね。
仕事がそれなりに増えてくると、
売上が上がっても利益が出ないって構図、意外に
よくある話です。事務所を大きくしたり、人を
雇用したりして、人件費が上がり、経営を圧迫すると
要因になったりするケースです。

売上が上がっても、利益の絶対額が変わらないと
あまり経営を拡大しても意味がないように思えます。
実際、スタッフからは悲鳴めいた声が上げってくる
場合があるかと思います。

そこで、色々な悩みが増えてくるわけです。
最も面倒な問題は「人」のマネジメントの問題です。
こればかりは、色々な人が混在するようになるので
どうしても会社として「統制」が取りづらくなります。

そこで本領発揮するのが「経営理念」「経営ビジョン」
などの経営的なポリシーです。

弊社の場合、「50人未満の中小企業の組織活性化」が
経営理念なので、色々な課題が出てきた場合、
この理念に立ち戻り、初心にもどり、業務に邁進して
おります。

反対に、雇用する際に、理念に共鳴していただけない
人を絶対雇用してはダメです。
理念経営を実践していくと、共鳴する人たちが呼び寄せ
られ、とても強固な集団になっていくことでしょう。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/