あうんの呼吸

経営

あうんの呼吸

日本企業の場合、この「あうん」がとても重要で
「それやっておいて・・」
「いつもどおりな・・」
「例のやつ・・」

で仕事を回してきたのです。
だから、社員やスタッフは、先を読む力を養います。
その力がない人は、低賃金化となるわけです。

これが日本における「能力主義」なんです。

成果を出すとか、結果を数字で出すとか言うけれど
日本で、最も評価が高い人間は「あうんの呼吸で
相手の真意を汲み取り、先回りする力」なんです。

この日本的なとても融通がきく「能力」を持った若者
が「激少している」な!と私は思うわけです。

なんでも1~10まで記載しないと仕事出来ないのか!
お前ら!って叫びたいけど叫べない。

もっと、「自分が担当している仕事の意味を理解して」
行動してもらわないと、日本は世界市場から撤退させ
られることでしょう。

2018-04-19
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/