「良い会社」になりましたね。

経営

「良い会社」になりましたね。

中小企業の社長に、「良い会社になりましたね」
という機会があります。

「良い会社」って、どんな会社なのか?
自分であまり深く理解せず、なんとなく、感覚的に
喋っている場合があります。

良い会社って、私が思うに、以下のような雰囲気が
ある会社だと言えます。

1.従業員が能動的に動いている会社
2.従業員が楽しそうに仕事している会社
3.会社が従業員を大事にしている会社
4.従業員から自ら企画提案している会社
5.当然、会社の売上が拡大され、利益が出ている会社

と整理できました。

見てください!

やっぱり、経営って「ES(従業員満足度)を高める」
ことから着手しないと、良い会社にはならないという
ことです。反対に、ESを高めていくと、会社の売上
利益拡大につながる!ってことなのです。

従業員を安く、長時間労働に縛り付けているような
会社は、利益は出て経営者にとって「良い会社」かも
しれませんが、従業員や周りの目からして、
決して「良い会社」とは言えません。

経営者に皆さん、この「周りからの目」ってとても
影響力があり、流布力があり、怖いですよ。
それを肝に銘じてください。いま、SNSで拡散される
時代ですから・・

2017-12-22
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/