「相性って組織にとって大きい要素です

経営

「相性」って組織にとって大きい要素です

組織を構成するメンバー同士の相性はとても重要で、
お互いを「認めていない」場合は、組織はトラブルが
多く発生します。

人って、生理的に好き・嫌いがずっとついて回ることが
ありますが、大抵は、ちょっとしたことが「きっかけ」
で、相手を認めることが出来るようになるものです。

その「きっかけ」は、お互いのことを理解した瞬間です。

そのためには、ジョハリの窓で言う、
「自分しか知らない窓」「自分は知らないが相手が知っ
ている窓」を、相手に開放していくしか手がないです。

具体的には何をすればよいか?

簡単で、自己紹介形式、他者紹介形式、でみんなの前で
発表しあうのです。店長や経営者は色々な切り口で
「テーマ」を決めて、朝礼で毎日、毎週、発表させて
行っても良いです。

自分の考え方と相手の考え方が同じ方向性だと、親近感が
わいてきて、打ち解けるスピードが加速します。
自分の考えと相手の考えが違っていても、その根底の考え
をお互い「理解」して同じ土俵で仕事をすることで、
「なんであの人は・・」的な発想にはならなくなり、
「あんるほど、ああいう思想だからあんな行動取るのね」
という風に理解し、認められるようになるのです。

相手の思想を理解できた瞬間、自分の立ち居振る舞いが
ある程度わかるので、組織内でコンフリクトはとても
少なくなるはずです。

ぜひ、ジョハリの窓の「みんなが知っている窓」を大きく
広げる工夫や仕掛け、仕組みを経営者は行って欲しいもの
です。

2018-07-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/