「桜」「さくら」「サクラ」

経営

「桜」「さくら」「サクラ」

今、東京では桜が良い感じに咲き始めています。
場所や桜の種類によっては満開って感じです。

この時期、最も日本人が色々なことを考える季節
だと思います。特に侘び寂びの風情がある桜を
見ると、喜怒哀楽がいっぱい出てくる魔力の
ような力があります。

咲き始めると、とても勇気をもらいます。
散り始めると、友達との別れや転勤など、ちょっと
センチメンタルな気持ちにしてくれます。
また、未来のことを考える機会を与えてくれます。

お正月等は「イケイケの雰囲気」なので、基本
前向きなことばかりですが、さくらの季節は、
喜怒哀楽のすべてを考えさせてくれるものだと
私は思います。

だから、ずっと、日本人に愛されているのだと
思います。

まあ、桜を見て「怒」って、桜が散ったあとの
毛虫が出てくるのが、嫌いな人は、「怒?」かな。

色々な感情を表出して良い時期なんだろうなと
思います。中小企業経営も色々な視点で考えない
と、足元すくわれますぞい!

2019-03-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/