「困った」を解決するビジネスが基本ですよね

経営

「困った」を解決するビジネスが基本ですよね

昔、創業当初は「コンサルティング」で食っていこう
という強い思いがあり、社労士手続や給与計算などは
仕事として眼中にありませんでした。
中小企業診断士で食っていこうと思っていました。

今思うと、これって自分勝手なエゴですよね。
自分がやりたい仕事をメニュー化して、さあ「食え!」
って言っているようなものです。
相手にとては何も困っていないので関心が無いわけです。

うまくいくはずがないです。

そんな時にある社長に出会いました。

「南本さん、人の困ったを解決するビジネス。
それでいて、人がやりたがらないビジネス」
それがビジネスを起こす時の基本ですよ。
って言われたのです。

そこから、弊社が関係するビジネス領域で、「困った」
って何だろうと考えて、なおかつ、契約関係が切られな
いビジネスは何だろう?って考え抜いた末、

「給与計算」に焦点を合わせて、それに付随する事業と
して入社・退社の手続代行(いわゆる社労士業務)に
ビジネスの中心に移行して行きました。

給与計算で信頼関係を構築していくと、クライアント様
からさらなる「困った」を提示されます。それをまた
「解決する」仕組みなり方策を提案していくことで、
更に信頼関係を強くすることが出来ます。「コンサル一本」
でやっていた頃と比べて顧問契約を切られることはめちゃく
ちゃ少なくなりました。

これからビジネスを考えようとしている経営者の皆様。
ビジネスの基本は
「困ったを解決」+「切られない仕組み(毎月コミュニケーション)」
だと思います。

自分が好きか、嫌いか、は関係ないです。
好きなことをやりたければ土日等で「趣味」でやれば良い
だけです。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/