「個性」ってよく言うけど何?

経営

「個性」ってよく言うけど何?

私は「個性」を伸ばす!という言葉をあまり
好きじゃないです。それは仕事、職場において
「好きじゃない」という意味です。趣味とかの
分野では大いに個性を伸ばしてほしいものです。

私見ですが、
組織なんて「軍隊」みたいなもので、超官僚的な
組織なんですね。そこに入社して「私の感性と違う」
「思っていたのと違う」「私の個性が伸ばせない」
なんて言う人がいます。
それは経営者からすれば、「ちょっと違いますよ!」
ってことを言いたいわけです。

「私の感性と違う」って感じたなら、他の会社に
行けばいい。今いる会社でぶつくさ言うなっていうのが
私の思いです。

自分の強烈な個性を「組織目標」「組織ビジョン」に
どう適合させるか、どう役に立たせるかを従業員は
真剣に考えなければならないのであって、「自分の
個性に合わない」ことを主張する場ではない。

中小企業経営者は強い組織を構築する際に、
「個性豊かな人材」を求めることは良いですが、
自分の個性を主張してくるような人とは今すぐ決別し、
自分の個性で、会社に適合しない部分を押し殺し、
会社の組織目標に役立つ自分の個性を仕事に上手く
適用させてくるような人材を多く抱え込みましょう。

そんな人材はそういません。
ならば、個性のない普通の人を雇用した方がマシかも。

組織は組織目標を一緒に必死になって達成してくれる
人材が欲しいわけで、個性があるかないかは関係ない
話なんだろうなと思います。

2017-07-18
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/