「もう」と思うか、「まだ」と思うか

経営

「もう」と思うか、「まだ」と思うか

例えば、1年の時間が経つのは早いです。
「もう5月か」と思うのと、「まだ5月か」と思うのとでは
あと残りの7ヶ月の過ごし方が変わってきます。

「もう」の発想する人は、時間に追われて、立ち止まって
考えることができず、気付ば年末を迎えている人です。
「もう」と思う気持ちには、将来を変えたり、改革したりする
気持ちが少なく、変化が起こりにくいのだと思います。

しかし、「まだ」の発想ができる人は、
自分の将来にやりたいことがあり、それを計画性を持って
対応しているが、現時点では進捗的には遅れているという
感覚があります。だから、立ち止まってリスケ、リカバリーを
なんとかしようとする気持ちがあるため、自分の行動等を
改革していきます。そして、12月の年末には目標達成
かそれに近い成果を収めていることでしょう!

言葉って面白いですね。
その言葉を毎日発していると、本当に言葉通りになることが
多いのです。

ネガティブな発言の多い人の周りには、ネガティブなことが
多く起こり、ポジティブな発言の人の周りには良いことが
たくさん起こります。 

どうせ同じ一生ならポジティブの方が良い人生が待っている
ような気がします。

☆===========================☆

中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/